自分の意見をどう伝えるか|口コミで人気の通信講座を紹介|宅建の資格が取れる教材

口コミで人気の通信講座を紹介|宅建の資格が取れる教材

自分の意見をどう伝えるか

作文用紙

論文を書くとは

何かトラブルが起きた時、出来るだけ自分の意見を相手に理解してもらう必要があります。そのためには、ただ思っていることだけをぶつけても説得することはできません。なぜそのように感じたのか、どうして自分の意見のほうが良いのかなどをわかりやすいように筋道を立てて話すことが求められます。論理的な思考が求められるというのはこのことを言いますが、論理的な思考は特別な訓練が必要なことではありません。最小限必要なことは相手の主張の利点を素直に受け止め、そのうえで相手の主張の欠点を説きつつ自分の主張のほうがより多くの利点があることを伝えることです。相手が目の前にいればこれを会話の中で実践しますが、そうでない場合は文章をこの形に合わせて書くことになります。この形式で書かれた文章を論文といい、その中で文章の規模が小さいものを小論文と呼びます。小論文は受験に限らず仕事の中でも同様の方法がとられ、プレゼンテーションという形に変えて行われるため大人になってからでもこのスキルを身に着けようとする方もいます。

人に見てもらうとは

小論文はテーマさえあれば一人で作ることも可能ですが、一人で作ると、説得しているつもりでも相手に伝わらないものになっていることがあります。そのため別の人に見てもらう必要があります。身近な人に見てもらってもよいですが、プロの人に添削してもらうとより具体的な修正方法を教えてもらえます。例えば相手の意見を聞く場面で相手の話をくみ取り切れていないことを指摘されたり、自分の主張が伝わってこないことを告げられたりします。小論文の添削はおもに大学受験対策として行われることが多く、過去問や予想問題の答案添削のほか、論文の書き方を一から教えてくれます。大学受験に限らず仕事でもこのスキルが必要とされるためプレゼン能力向上などという名前で同様な講義を行うところもあります。この場合、文章の添削のほかに話し方のアドバイスなども受けられます。